疾患別・行われる検査ナビ

DIC(播腫性血管内凝固症候群)のメカニズム

色々な基礎疾患、特に「がん」や「重症感染症」、「重症熱傷」、「白血病」などの重篤な疾患が原因となり、
血液の凝固能が亢進すると、本来血液が凝固するはずのない血管内に微小血栓ができ、抹消血管が詰まります。
抹消血管が詰まると、複数の臓器に重篤な障害が起こります。
同時に、微小血栓が多数形成されることにより、
血小板や凝固因子が使われてしまうので、これらが減少し、出血傾向になります。
これを「消費性凝固障害」といいます。

 

さらに、この血栓を溶解しようと、凝血を溶かす働き(線溶)が亢進するので、
出血傾向が助長され、全身の出血や多臓器不全に至ります。

 

このような病態をDIC(播腫性血管内凝固症候群)といいます。

 

DIC(播腫性血管内凝固症候群)は、
過度の血液の凝固と出血という、両極端の現象が起こります。

 

具体的な現象としては、「血栓による小血管の閉塞」、「組織の障害・壊死」、
「血液中の凝固因子や血小板の減少」、「線溶系の活性化」などが同時に起こるというものです。

 

そのため、DIC(播腫性血管内凝固症候群)になると、
単に止血しにくいというだけでなく、広汎な皮下出血(ウージング)のような異常出血が起こります。

 

DIC(播腫性血管内凝固症候群)では、検査値だけでなく、
身体症状から早めに異常に気付く事が大切です。

 

身体症状に現れる症状には、「じわじわ広がる皮下出血」、「点状出血」、
「いったん止血した手術部位や注射部位からの再出血」、「消化管出血」、
「口腔内の出血」など、様々な徴候があります。
DICを生じる可能性がある基礎疾患を持つ患者さんに、
このような症状が見られる場合は注意が必要です。

DICを示す検査値とその他の重要な所見

DICになると凝固因子活性(PT、APTT延長)、FDP、D-ダイマー、BUN、Cr値が上昇し、
FIB、Plt値が下がります。

 

また、破砕赤血球が見られます。

 

* APTT、FDP/D-ダイマー、Plt、BUN、FIB、PT、Cr、Hb を確認しましょう。

血液・凝固系疾患で行う臨床検査

血液・凝固系疾患で行う臨床検査には、
「出血時間検査」、「血小板検査」、「PT検査」、「APTT検査」、「FDP/D-ダイマー検査」などがあります。

DIC(播腫性血管内凝固症候群)を判断するカギは、MOF(多臓器不全)とFDP D-ダイマー

MOF(多臓器不全)

DICでは、抹消の細い血管が詰ります。
ですから、細い血管が集まっている肺や腎臓、肝臓などの臓器が、
多発微小血栓により、虚血性の機能障害を起こしやすくなります。

 

そして、DICは、いったん発症すると、直ちに適切な対応をしない限り、
加速的に進行します。
その結果、複数の臓器機能が次々と低下し、MOF(多臓器不全)に至ることがあります。

 

腎機能は、特に機能が低下しやすいため、
MOFを発症すると、尿量は一時間あたり30ml以下に減少し、
BUNは25mg/dl以上に高くなります。

 

凝固因子は血栓形成によって消費され、
同時に肝臓が障害されることにより生産量も低下します。
PTとAPTTが延長、フィブリノゲンは減少し、
プラスミンが血栓を溶解するため、FDPやD-ダイマー値は高くなります。

 

正常では存在せず、DICに伴って出現するFDPやD-ダイマーのような物質を、
「分子マーカー」といいます。
分子マーカー測定を行えば、
症状がなくてもDICがある程度進行していることを検出することができます。

 

ですから、DICが悪化する前に、様々な検査を行い、
検査値を組みあわせて、凝固・線溶の状態を観察することが大切です。

 

FDP/D-ダイマー

FDPとは、フィブリノゲン(一次線溶)と、フィブリン(二次線溶)が、
プラスミンの作用による繊維素溶解現象(線溶)で分解された物質のことです。

 

血管が障害されて出血すると、
止血するためにフィブリノゲンから作られたフィブリンが、
損傷部分を覆う血栓を作ります。
フィブリノゲンとフィブリンが分解されると、それぞれの分解産物ができます。
そして、この両方の分解産物を集めたものがFDPです。

 

DICになると、血管内に多数の微小血栓ができます。
この微小血栓が、線溶作用によって分解されるのでFDPの値が高くなります。
ですが、妊婦さんや外科手術後のように、
フィブリノゲンが増加する病態や症状がある場合のときにもFDPの値は高くなります。
ですから、単にFDPの値が高いからといってDICであると判断することはできません。
そこで、DICの診断をより確実に行うために、FDPの中のD-ダイマーを測定します。

 

D-ダイマーは、凝固系の最終段階でできる頑丈なフィブリンの分解産物です。
ですから、D-ダイマーが高い値である場合は、
血管内で血栓形成がおき、同時に溶解が起きているということがわかります。