疾患別・行われる検査ナビ

腎臓の機能

腎臓の機能は、尿として血中の老廃物を排出することです。

 

腎臓では、第一段階が「糸球体濾過」、
第二段階が「尿細管再吸収」という2段階で尿を生成しています。
糸球体は、一日に160リットルもの水を原尿として濾過し、
その99%を尿細管で再吸収し、そして最終的に一日1.5リットルの水を尿として体外に排出しています。

 

同時に、糸球体は、尿素の中に血中の老廃物を排泄し、血液を浄化しています。
血中の老廃物が排出されることにより、細胞内液や細胞外液、血液の量や組成を一定に保つことができます。
これを「恒常性の維持」といいます。

 

さらに、腎臓では血圧のコントロールに関係するホルモン「レニン」や、
骨髄での赤血球の産生を働きかけるホルモン「エリスロポエチン」をつくるなど、
内分泌機能の働きも担っています。

 

また、腎臓は、ビタミンDを活性化させ、血中カルシウムを上昇させ、
丈夫な骨を作る働きもしています。

腎疾患の種類

腎臓が病気になると、濾過機能の障害や、物質排泄の選択性障害などが起こります。

 

糸球体腎炎

糸球体腎炎になると、両側の腎臓の糸球体がびまん性に障害されます。
蛋白尿や血尿などの症状がでます。
浮腫や高血圧などの症状がみられることもあります。

 

* びまん性とは、病変がはっきり限定することができず、
広範囲に広がっている状態をいいます。

 

腎不全

重度の腎臓障害になると、腎機能が低下します。
腎臓機能が低下すると、体内の恒常性を保つことができなくなります。
病状の進行速度によって、「急性腎不全」と「慢性腎不全」に分類されます。

 

ネフローゼ症候群

ネフローゼ症候群は、糸球体の基底膜の障害によって起きる病気です。
糸球体の基底膜の障害が起こると、アルブミンなどの蛋白が尿に大量に排泄されます。

 

糸球体の障害が進行すると、より高い分子量の蛋白が尿中に出てきて、
低蛋白血症や脂質異常症になります。

 

* ネフローゼ症候群の診断基準

 

@ 蛋白尿 一日3.5g以上
A 低蛋白血症 血清総蛋白が1dl中6.0g以下、血清アルブミンが1dl中3.0g以下
B 脂質異常症 血清総コレステロールが1dl中250mg以上
C 浮腫

 

診断の際、@とAは必須です。

 

IgA腎症

IgA腎症は、糸球体に免疫グロブリンの一種であるIgAが沈着するものです。
自覚症状は殆どありませんが、検診で血尿や尿蛋白を指摘され、
発症に気づくことが多いです。

 

IgA腎症は、慢性糸球体腎炎の3割以上を占めます。

腎機能評価

腎機能が低下すると、血液中の老廃物が尿中へ排泄されず血液中に残ってしまいます。
この老廃物がどのくらい血中に残っているのかを測定することにより、
腎機能がどのくらい低下しているのかを知ることができます。

 

特に注目したいのは、蛋白質の最終産物であるBUNと、
筋肉中のクレアチンが分解されてできるCrの値です。
BUNとCrの値を測り、数値が上昇していれば腎機能、つまり糸球体の濾過機能が低下していることになります。

 

さらにBUNとCrの値の比をみる事も重要です。

 

BUNは高くてもCrが正常の場合は、
腎機能低下ではなく、例えば脱水や消化管出血などを疑います。

 

さらに、「クレアチニンクリアランス」という検査で、
糸球体の濾過量を見ることによって、正確な腎機能を判定することができます。
「クレアチニンクリアランス」は、糸球体が一分間にどのくらいの血液をきれいにしているかを調べることができる検査です。

 

尿中に排出されたクレアチニンの量と、血清中のクレアチニン濃度を測定することにより、
「クレアチニンクリアランス」を求めることができ、
数値が低ければ糸球体濾過率が低下している、つまり、腎機能が低下しているということがわかります。

 

* クレアチニンクリアランスの測定法

 

Ccr(ml/分)= UCr(mg/ml)×尿量(mg/分)÷Cr

 

UCrは、尿中クレアチニン濃度、Crは、血清クレアチニン濃度のことです。

 

「クレアチニンクリアランス」を求めるためには、正確な蓄尿が必要です。
ですが、実際には困難な場合も多いです。
そこで、新たな腎機能の評価方法として「GFR推算式」があります。

 

「GFR推算式」は、クレアチニンの数値、年齢、性別によってGFRを推定します。
そして、「GFR推算式」によって算出されたものを推定GFR(eGFR)と称します。