疾患別・行われる検査ナビ

脂質異常症のメカニズム

脂質異常症とは、コレステロールや中性脂肪などの脂質が、
血液中に基準値を超えて存在している状態をいいます。

 

コレステロールは、細胞壁やホルモン、胆汁酸などの材料になる大切な有機化合物です。
そして、これらは疎水性のため血液中に溶けません。
ですから、親水性のある蛋白質(アポ蛋白)とリン脂質に包まれた状態で、
「リポ蛋白」として血中に存在しています。

 

リポ蛋白には5つの種類があります。

 

LDL 

LDLとは、肝臓で合成したコレステロールを抹消組織に運ぶ働きを担っています。
そして、LDLは粒子がやや大きく、比重が小さいリポ蛋白です。

 

HDL

HDLは、抹消組織の余分なコレステロールを肝臓に逆転送する役割を担っています。
そして、HDLは粒子が比較的小さく、比重の大きいリポ蛋白です。

 

血液中にLDLが増加し、抹消組織に向かって運び込まれるコレステロールが多くなると、
処理しきれないコレステロールが血管壁に留まり、次第に血管壁が厚くなります。
そして、血管が硬くなり、さらに症状が進むと血栓ができたり、
血管が狭窄したり閉塞したりして、
脳梗塞や狭心症・心筋梗塞といった動脈硬化性疾患の危険因子となります。

 

脂質異常症には、症状は殆どありません。
ですから、脂質異常症を発見するためには、検診や人間ドッグなどの検査を行う事が必要です。

 

脂質異常症の原因には、食事による摂取過剰や運動不足、肥満、
また、遺伝的な要素、女性の場合では更年期以降の女性ホルモンの低下などがあります。

脂質異常症で行う臨床検査

脂質異常症で行う臨床検査には「血液生化学検査」があります。

脂質異常を示す検査値とその他の重要な所見

脂質異常症の場合は、TCやLDL、TGの値が高くなり、
HDLの値が低くなります。

 

また、頸動脈エコーによって、血管壁の肥厚やプラーク形成が確認されます。

 

* TC、TG、LDL、HDLについて確認しておきましょう。