疾患別・行われる検査ナビ

虚血性心疾患のメカニズム

虚血性心疾患は、冠動脈が狭窄したり閉塞したりすることにより、
心臓の機能が低下する疾患です。

 

冠動脈は、心筋に酸素と栄養を送る血管です。
この冠動脈が、動脈硬化による粥腫(アテローム性プラーク)で狭窄したり、
拡大した粥腫(アテローム性プラーク)や血栓によって閉塞してしまうことにより、
心筋への血液の供給が減少したり停止するなどして、
心臓の機能が低下する疾患を「虚血性心疾患」といいます。

 

心筋が一時的に虚血状態となり、胸痛など自覚的な訴えを伴う臨床症候群を「狭心症」といいます。
この狭心症は、冠動脈の動脈硬化性病変であるブラークの部分に形成された血栓が、
冠動脈の内腔を狭窄・閉塞させることによって発症します。

 

胸痛は、放散痛を伴い、痛みの持続時間は長くても15分程度です。

 

運動したり、興奮したりした時に起きる労作狭心症、
安静にしていても胸痛が起こる安静狭心症、
狭心症の頻度が増えるなどの程度が強くなった不安定狭心症、
深夜から早朝にかけて冠動脈が攣縮して起きる異型狭心症などがあります。

 

狭心症と同じようにして生じた血栓が、
冠動脈内腔を閉塞してしまい、その部分から先の部位への血流が停止し、
心筋の壊死が生じた状態が「心筋梗塞」です。

 

心筋梗塞になると、心不全、ショック、重症不整脈、心破裂など、
致死率の高い合併症が起きます。

 

また、急性心筋梗塞の場合は、前胸部に紋扼感や、圧迫感を伴う強い痛みが生じ、
その痛みは30分以上持続します。
冷汗や嘔吐、悪心、呼吸困難などを伴うこともあります。

虚血性心疾患を示す検査値とその他の重要な所見

心筋梗塞で検査値が高くなるのは、CK(CK-MB)、AST(GOT)、LD、
収縮タンパク(トロポニンT、ミオシン軽鎖など)、WBC、CRP です。

 

重要な所見として、モニター心電図があります。
また、心筋梗塞の場合は、ST上昇し、狭心症では、STが低下します。

心筋梗塞を疑う場合の判断のカギは逸脱酵素

心筋梗塞を疑う場合の判断のカギは「逸脱酵素」です。

 

酵素は、細胞内に多く存在する、化学反応を促進させる働きをするたんぱく質です。
血液中に損じする逸脱酵素は、極わずかです。

 

酵素は、「逸脱酵素」、「誘導酵素」、「合成酵素」の3つに分類されます。

 

逸脱酵素

逸脱酵素は、臓器が障害を受けた時、
細胞内から組織液や血液中に移行する酵素です。

 

AST(GOT)やALT(GPT)、LD、クレアチンキナーゼなどがあります。

 

誘導酵素

誘導酵素は、何らかの障害を受けると産生量が増え、血液中にも増加する酵素です。

 

ALPやγーGTPなどがあります。

 

合成酵素

合成酵素は、ChE(コリンエステラーゼ)などがあります。
複数の酵素が高値を示した時には、高値を示す逸脱酵素の組み合わせによって
障害された臓器を推定します。

 

心筋梗塞を疑う場合は、逸脱酵素であるクレアチンキナーゼに着目します。

 

クレアチンキナーゼは、エネルギー代謝に関与している酵素で、
筋肉細胞に含まれています。
そして、3種類のアイソザイム(同一の反応を触媒する分子構造の異なる酵素群/
CK-MM、CK-MB、CK-BB)があります。

 

心筋には、3種類のアイソザイムの中でも、CK-MBが多く存在していて、
心筋梗塞を発症すると、著しい高値を示すので、この値が診断に役立ちます。